ノニってな~に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

 

今回は、

ノニノニノニノニって言葉だけは聞くけど、一体なんなのさ?」

というお話です。

 
モリンダの製品には例外なく入っている大切な素材なので、

バッチシ押さえておきたいところです。ここは試験に出ます。
 

「ノニ」とは

 

そもそも「ノニ」というのは愛称のようなもので、

全世界共通の学術名称では「モリンダ・シトリフォリア」と呼ばれ、

和名では「ヤエヤマアオキ」として知られます。
 

『モリンダ』という会社の名前は

ノニの学術名称から付けているんですね。

 

ノニの原産地は4千年以上前のインドとされ、

インド古代の経典「アーユルベーダ」にもその記述が認められ、

ノニそのものは「アショカ」という名前で登場し、

『あらゆる肉体の不調を整える神秘の果物』として描かれています。
 

ハーブの女王とも称されるノニはそれこそ

何千年という昔から世界中のさまざまな場所で珍重され、

あらゆる疾患の治癒に使用されてきた歴史的背景があります。

 

これがノニの果実。

ご覧のようにちょっと独特な外見をしています (笑)

 

モリンダのノニはすべてタヒチ産

 

部族によっては「命よりも尊い果物」として

大切に受け継がれてきたノニですから、

当然のことその恩恵を受けて育った人がたくさんいるわけです。
 

人づてにその尋常でない効果効能の恩恵は語り継がれ、

栄養価も抜群に高いですから、ノニとともに生きる人それぞれに、

初めてのノニとの出会いや体験談、ストーリーを持っています。

 

当時、食品の研究者であったジョン・ワズワースは、

その『奇跡の果実・ノニ』の噂を人づてに聞きつけ、

タヒチの秘境マルケサス諸島でノニの群生を発見するに至りました。
 

その苦難と感動のストーリーはここでは割愛します。

詳しくは『ジョン・ワズワース・ストーリー』をご覧ください。

 

タヒチ

タヒチ島を上空から映した写真。

ハワイの20倍以上強力なパワースポットだと言われ、

「地球上で最も美しい島国」「地上最後の楽園」とも形容されます。
 

118の島々からなるタヒチ (フレンチポリネシア) は、

その気候、湿度、日照量、肥沃な土壌など、

ノニの生育にもっとも最適な場所とされます。
 

実際にタヒチ産ではその植物体の大きさ、

栄養価ともに、群を抜いて最高品質のノニが収穫できます。
 

モリンダ社はタヒチの政府と独占的に契約を結び、

最高の環境で育まれたタヒチ産のノニだけを製品に使用しています。
 

タヒチの人々もノニを育て収穫することで

経済が活性化し出稼ぎに出る必要もなくなったので、

モリンダに感謝しながら友好関係を築いているのです。

 

タヒチ

 

ノニの生態

 

ここまではノニについてよく聞く話ですが、

詳しい実態を知れば知るほど、さらに驚くことになります。

 

ノニの木

これがノニの木です。

このように大木になる木は

通常「桃栗3年、柿8年」の言葉どおり、

芽が出てその果実が実るまで相応の年月かかります。
 

しかしノニはちがいます。

なんと地表に芽が出て収穫できるまで、

9カ月しかかかりません!

わずか9カ月です!!異常なまでの生命力ですね。

 

さらにその果実も、

普通は桃でも栗でも柿でもぶどうでも梨でも、

下向きになるのが通常なんですが、
 

ノニの果実は上向きにそそり立つようになります。

まるで重力に逆らうかのように。ほんとに不思議です。

 

さらにこの画像を見てもわかるように、

一つの枝につぼみ・花・果実・熟した果実と4段階なり、

一つの枝で4期作という世界でも極めて珍しい植物です。
 

30~40コの花がギュッと凝縮して1つの実となり、

木全体で見ると一年を通して花が咲き実がなっているので、

タヒチでは年がら年中ノニが収穫できることになるのです!

ノニ表面のブツブツは花の痕跡なんですね。

 

まとめると、

・芽が出て実がなるまでにわずか9カ月。

・30~40コの花が熟して一つの実ができる。

・世界でも稀な4期作で、一年中収穫できる。

・ハーブの女王とも呼ばれ栄養価が抜群に高い。

・古来からあらゆる疾患の治癒に使われてきた歴史がある。
 

このような性質をもつノニという果実を、

濃縮還元などの処理を施さずに、
 

古来から語り継がれてきた方法

100%自然のままにパッケージしたのが

モリンダのタヒチアンノニジュースです。

 
タヒチアンノニジュース

タヒチ産ノニグレープとブルーべりーを配合して、

ストレートでも飲みやすく仕上げています。
 

ぜひ古来からの大自然の恵み

全身で味わってみてください♪
 

驚くような体感があなたの全身を駆け巡ることでしょう。

『モリンダ ストア』にアクセス☆
 

タヒチ島

 

 
最後までご覧いただいてありがとうございます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>