モリンダの報酬プランについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

 

これまで「わが家のタヒチアンノニジュース体験談」ノニや、

「愛用されている著名な方々のご紹介」ポーズをしてきましたが、

今回は気になる『報酬プラン』についてのお話です。

 

 

お仕事として考えるなら、やはりここは外せないポイントです。

なにをするにしてもお金はかかりますし、お金はあるにこしたことはありません。

 

ノニジュースを飲むにしても、周りの大切な人にオススメしていくことで、

お伝えして喜ばれた結果として、毎月の消費分がタダで飲めるとしたら、

こんなにありがたいことはありません。

 

面白かった映画や大好きな音楽を、

まだ経験してない人に熱く語るのとまったく同じように、

ノニジュースを飲んで、
 

「本当に素晴らしい!」

「ぜひこれをみんなにも飲んでほしい!」
 

と思ったら、周りの人たちに感動をリレーしていくのです。

 

モリンダでは、口コミで商品の素晴らしさを伝えると同時に、

さらに会員登録の作業までを愛用者に委託することで、

その働きに見合った代金を還元してくれています。

 

(たくさんお伝えしている方は雑誌見てますぅ☆モリンダの掲載誌リンク。で特集されたりもスター

 

固定給で雇うセールスマンを社内でもたずに、

完全にアウトソーシング(外注)している形ですね。
 

生命保険の営業なんかでも、

ある程度の自由な時間をもてる主婦の方が代行して働いていたり、
 

いまではアフィリエイトで、ウェブサイトに広告していたオススメ商品がクリックされて、

実際に購入までいくと、売り上げの何パーセントかがバックされる仕組みもでてきています。
 

いわゆる「情報商材」を取り扱うような、ネットビジネスもそうです。

 

サイドビジネス(副業)にもなり、

人と人とがつながっていくことで収入を生み出す仕組みや、
 

流通を起こしつづけるパイプラインを築いたことで報酬を得られる仕組みは、

(チェーン店のフランチャイズや、漫画家・音楽家の印税などなど。)
 

現代社会でも一般的になっています。

 

〈参考動画: パブロとブルーノの物語〉

労働収入を選んだブルーノと、

権利収入の道を模索したパブロの物語です。

10分ぐらいのアニメなので、楽しみながら学べちゃいますキラーン

 

 

モリンダの報酬プラン (仕組み)

 

それでは、気になるモリンダの報酬プランについて見ていきましょう。

 

報酬プラン(仕組み)(モリンダ)
 

モリンダの仕組みはハッキリ言ってチョーかんたんです。

なんたって、この図一枚ですべて説明できちゃうんです。
 

こんなにプランが美しく簡潔にまとまっていて、

しかも消費者想いの仕組みはそうそうありません。
 

これまでさまざまなネットワークビジネスに関わってこられた方は、

この報酬プランの話だけを聞いてサインされることもあるくらいです。

 

会社の仕組みを見れば、その会社の心がわかります。

会社の理念姿勢愛用者への想い

すべてがここに凝縮されているのです。
 

逆にここがもやもやしてたり、わかりずらすぎたり、

「え~、それってどうなん?」 「人に伝えにくいよ~。」
 

ってなっちゃうときは、

会社が儲け主義に走っているところかもしれないので、要注意です。

 

モリンダロゴ

消費者に戻される 53%の内訳

 

モリンダでは、商品の売り上げの47%を会社が受け取り

残り53%「商品の流通を起こした消費者」が受け取ります。
 

報酬プランの図にあるパーセンテージは、

「受け取る資格のある消費者たち」が、

どのくらいの割合で報酬を受け取っているかを示しています。
 

モリンダの会社が売り上げの47%を受け取ると言っても、

当然ながらそのすべてが利益になるわけではありません。
 

47%の内訳のなかには、製品の原材料費や、

ノニを収穫してくれているタヒチの方々への正当な報酬や、

(これはフェアトレードと呼ばれ、国連機関からも表彰されているくらいです。)

 

さらによりよい製品を産み出すための研究開発費

会社そのものを存続させ、各種イベントを企画するための運営維持費。
 

またノニをたくさん広めてくれた人たちへの特別ボーナスや、

海外旅行への無料招待などの特典へも充てられています。
 

なので、「流通を起こした消費者たち」

実際に還元されるパーセンテージは、

53%よりも多くなっています。

 

流通を起こした消費者へ還元される売り上げの53%というのは、

たとえば、道ばたの露店であっても。

コンビニや飲み屋、スーパーなどのお店でも。
 

会員のつくったネット商店でも。

日本全国にあるモリンダのショップで買われた商品でも。

すべてにおいて53%還元される仕組みが適用されます。

 

 

パーソナルリベート
パーソナルリベート(モリンダ)

 

これは愛用者にものすごく優しい特典です。
 

ご自身がその月の購入された代金について、

120QV(およそ2万円の消費)を超えた金額の、

20%分のお金がキャッシュバックされます。

 

製品ひとつひとつにはQVという固有の数値が設定されていて、

(もとはタヒチアンノニジュース1本の30QVを基準とする。)

120QVになるのはおよそ2万円ぐらいの消費になります。
 

たとえばご自身や配偶者の方だけでなく、お子さまにも飲ませるために、

3万円分のノニジュースを買ったとすると、

2万円を超えた1万円分の20%(約2,000円分)キャッシュバックしてもらえます。
 

ちなみに必要条件として書かれているケースオートシップ(定期購入)への参加は、

毎月30QV(およそ5,000円分)の購入から可能になりますので、

そのときどきの必要に応じて買い足していくことができます。
 

※これも毎月必ずというわけではなく、定期購入はいつでも解除できます

 

買えば買うほどキャッシュバックされる金額も増えることになるので、
 

『モリンダのノニ製品を人にお伝えしない消費者の方々にも、

できるだけ負担を少なく愛用しつづけてほしい。』
 

という、会社からの願いが形になって表れています。

 

 

ファストスタートボーナス
ファストスタートボーナス(モリンダ)

 

新しい人にモリンダのノニ製品(なんでもよいです)のことをお伝えして、

会員登録まで導いたとします。
 

すると、いきなりボーナスが発生します。
 

新しい人が登録してから60日間、

その人が購入した金額分の20%を受け取ることができる

というボーナスです。

 

直接紹介した人をレベル1として、

さらにその人からつながった先の世代にあたる

レベル5の方までを対象として、
 

それぞれ20%、5%、5%、5%、10%(合計45%)

の割合でボーナスを受け取れます。
 

自分が登録してから60日間ではなく、

新しくモリンダとのご縁がつながった人が会員登録してから60日間
 

なので、登録したばっかりだから早く広めなきゃ!

なんて焦る必要はまったくありません。

 

このファストスタートボーナスがあるために、

ほかのさまざまなネットワークビジネスのプランと比べても、
 

自分の定期購入している製品代金がタダになるのが

ものすごく早くなると言われています。

 

 

ユニレベル
ユニレベル(モリンダ)

 

モリンダの報酬プランでは、ネットワークビジネスの業界でも

もっとも公平・中立な報酬プランといわれるユニレベルの仕組みを採用しています。
 

新しい人が登録してから60日間はファストスタートボーナスとして受け取るので、

この表にあるようなパーセンテージのユニレベルが機能するのは、

新しくご縁がつながった人が定期購入を開始して61日後から、になります。

 

これは業界用語で「スウィッチング」と呼ばれる仕組みで、

時間経過によって報酬プランが切り替わる、という、

モリンダが世界で初めて開発、採用した報酬プランになります。
 

見てのとおり、61日経過したあと

直接紹介となるレベル1の方の購入金額から

受け取る報酬は、なんとたったの1%です!
 

つまり、自分から紹介した人が10,000円買っていたら100円。

20,000円買っていたら200円にしかなりません(笑)

 

えらい少ない金額だと思いますよね?

でも、これだからいいんです!
 

自分が直接オススメして登録にいたる人というのは、

自分にとって身近な友だちや、家族、親戚などが多いものです。
 

毎月毎月ファストスタートボーナスのように、

購入金額の20%も受け取っていたら、

いくら親しい人間関係でもこじれてしまう可能性があります。
 

「え~。毎月毎月、私が消費した分から20%ももらってるの~!?」

ってなっちゃうわけです。

 

せっかくいいものを教えてくださったんだからと、

ひと月やふた月ではそれほど気にならないものですが、
 

それが半年後も一年後もずっとだとすると、

さすがにいろんな感情が首をもたげてきます。
 

だからこそ、モリンダの活動にかかわっていらっしゃる主婦の方なんかは、

「直接紹介が1%でほんと~によかったわぁ。」

と、口をそろえておっしゃいます。

 

直接紹介が1%になっている分、

さらに愛用者の輪がつながっていったときに

受け取れる金額はだんだんと大きくなります。
 

レベル1からレベル8まで、それぞれの配分は

1%、5%、5%、6%、6%、7%、7%、8%、(合計45%)となります。

 

このように受け取れる金額がだんだん大きくなるのは、

それだけ新しい人へ広めるのに手をとりあって協力したり、
 

さまざまな知恵や知識を提供して人をお育てしたからだ。

とも考えられます。

 

平社員から係長になり、課長になり、部長になるにつれて給与があがり、

さらに重役の地位になって得られる役員報酬のようなものです。
 

日本人のほとんどの方がお勤めになっている、

会社組織の仕組みと同じなのです。
 

異なったところと言えば、

時間給や固定給を軸にした年功序列の仕組みではなく、
 

ご自身とグループの人たちが成果を上げた分だけ支払われる

能力給であり、完全歩合制であるという点です。

 

その意味でほかの一般的な企業よりも

給与査定がブレることなく、明確に定められているとも言えます。
 

このユニレベルの報酬は

個々人の内実を伴った働きに応じて支払われ、
 

また消費者同士の繊細な感情の動きまで考慮されているので、

よく考え込まれたほんとに素晴らしい配分になっています。

 

 

ワールドワイドボーナス
ワールドワイドボーナス(モリンダ)

 

ユニレベルの配当だけでも、計算していただいたらわかりますが、

どえらい金額になってきます。
 

(気になる方はシミュレーションしてみてください。

 たとえば一人が3人ずつ、毎月2万円を定期購入する

 愛用者を獲得していった場合、など。

→ モリンダ 収入シミュレーション – てんこモリンダ

 

ファストスタートボーナスやユニレベルの配当に加えて、

モリンダではさらに、

それぞれの昇格タイトルに応じたボーナスまで用意しています。
 

昇格タイトルは、コーラル、ジェード、パール、ダイヤモンドパールの4段階があり、

初めてモリンダにIPC(独立プロダクトコンサルタント)の

登録をした時点でのタイトルは、コーラルです。

 

タイトル昇格の仕組み

 

人にお伝えしていって、

ご自身のグループの合計が4800QV(約80万円の売り上げ)になると、

ジェードに昇格。
 

そして直接紹介した3人がジェードに昇格すると、

あなたはパールに昇格。
 

さらに直接紹介した3人がパールに昇格すると、

あなたはダイヤモンドパールになります!
 

とてもシンプルでわかりやすい昇格条件です。

ですので、直接紹介した人たちやチームメイトたちを

どこまでも支援し、どこまでも応援していく体制が、

意識しなくとも自然に出来あがってきます。

 

なにせ直接紹介した人たちが昇格してくれないと、

自分もいつまでたってもタイトルアップできないわけですから(笑)

 

僕がこのように時間を使って、いくつも記事を書いているのも、

自分からつながったモリンダの仲間たちを支援し、協力できるような仕組み

このてんこモリンダを利用して、整えていく目的があります。
 

自分一人でこれだけのことを一から説明するのはなかなか大変だし、

骨の折れる仕事だとも思っているので、少しでも助けになりたいのです。

 

ブログの記事としてアップしてあれば、いつでも読み返すことができるし、

新しく知り合いにお話をするときにも、
 

「私は上手く説明できないんだけど、このブログに載ってるから見てみて(・v・)ニコ

って言えちゃうわけです。

 

 

仲たがいや競争の原理ではなく、

共生して手を取りあって、応援していけるようなグループ体制が、

この昇格の仕組みによって自然と後押しされます。
 

実際に足を運んで会ってみるとわかるのですが、

モリンダの仲間たちはグループの垣根までも越えて、
 

皆さんとっても和気あいあいして、

いつもなごやかに活動されていらっしゃいます。sei★

 

 

さて、ワールドワイドボーナスについてですが、

これはそれぞれの昇格タイトルに応じて、さらにグループ全体の売り上げに応じて、

全世界の売り上げから所定のパーセンテージが比例配分されます。

 

世界全体の売り上げの2%なり3%なりから配分されるので、

日本が不景気だろうと不況だろうと関係なくなります。

しかもその金額がかなり大きい
 

コーラル、ジェード、ダイヤモンドパール、

さらにその上位のブラックパールについて、

ブラックパールは、直接紹介した5人がダイヤモンドパールになることが条件です。)
 

ボーナスが発生し、実際にボーナスを振り込まれた方は、

その金額の桁の多さにビックリされるようです。

 

 
このワールドワイドボーナスの8%分と、

ユニレベルの45%分を足して、

計53%が消費者に還元される仕組み、となるわけです。

 

 

タヒチ島

 

ひとまずここでは、

モリンダの報酬プランの概要だけお伝えしました。
 

さらなる特典として、

ダイヤモンドパールになった人はもれなく、

ペアでタヒチ島へ無料ご招待!というのもあります。

 

「地上最後の楽園」、「この地球上で最も美しい島国」

と感嘆されるタヒチへ、僕も早く行ってみたいです*:・( ̄∀ ̄)・:*:
 

このブログをお読みいただいたあなたとも、

いつか一緒にタヒチ旅行に行けるといいなo(^▽^)o

 

〈参考動画: ユニレベルについて〉

消費することが収入になるだって!?

 

この30分ぐらいのアニメーション動画で、

労働収入と権利収入のちがいや、
 

これまでネットワークビジネスが誤解されてきた歴史的背景

各社の採用している報酬プランの相違点などについて、

簡潔にわかりやすくまとまっていますオススメ
 

さらに詳しくお知りになりたい方はぜひご覧ください

 

 

長くなりましたが、最後までお読みいただいてありがとうございます

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

One Comment:

  1. Pingback: モリンダ 収入シミュレーション | てんこモリンダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>