てんこモリンダの活用方法☆~後篇~

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

 

~前篇のつづき~じろーん

 

 

このブログでモリンダの活動に興味をもたれてから、すげ~

僕自身にコンタクトを取っていただいたり、HELLO
 

僕からつながったお仲間をとおして会員登録されたあとinvitation*

モリンダやノニのことをどんどん広めていく方法としては、

 

お知り合いの人とのメールや会話のなかで、

「ネットでこんなの見つけちゃった!あなたはどう思う?にゃ

さりげなくお伝えしてみたり。携帯 乾杯! メール
 

ご自身がこの活動に関わっていることを表明するために、

この「てんこモリンダ」のことを

ブログの記事バナー画像ご紹介いただいたり。ameblo*

 


さらにモリンダやノニにまつわる

ご自身で得られた体験談おんぷブログで熱く語ってみたりBlog:*.

 

くわえて、

実際にモリンダ製品を健康の維持に役立てたり、運鍵ドアOPEN

経済的な恩恵を得てものごとがスイスイ進むようになったのを、ラッキーラッキークッキー
 

実体験として語っていくのもよいですし、ラッキーラッキーラッキー

そうなると周りの人たちだってほうっておきません。ハテナなぜWHYなして??
 

 

さらに、アメブロつながりのお仲間としてモリンダの会員になられた方は

このブログでもお一人ずつ記事にして紹介していきます。アメンバー(白地)すんもすんもすんもすんもすんも
 

(「恥ずかしいので遠慮しておきます(/ω\)」という人は言ってくださいね。

facebookFacebooktwitterTwitter、miximixiページのご紹介もOKです。OK

 

アメブロ内でもともと親しく交流があったり、ペタ コメント aya

プライベートでもお付き合いのある人には、
ともだち。 ともだち ルーム(白地)
 

記事でご紹介した人つながりで、アメブロ記事

その人から会員登録していただくように促していくのです。 YESsao☆

 

「あ!この知り合いの人も登録してたんだ!るん
 

「この人いつも面白いブログ書いてくれたり、blog*

親身にコメントつけてくれたりするから、konatu コメ返

この方の紹介だったら登録してみよっかなハートウキウキ
 

と、これまでのアメンバーでの交流が活きるように後押しします。+
 

「気付いたらアメンバーの人たちが

あれよあれよと紹介されていた(・_・;)」
 

という遅ればせな事態にならないように、

すでにご興味をもたれている方は、

早め早めの登録をオススメします。るん

 

〈モリンダ タイムマシン ~モリンダの描く未来~ 〉 (10分37秒)

 

というわけで、

これまでは口コミのお仕事というと、口コミ
 

『実際にお会いして、相手の顔色を伺いながら、初音ミク(チラ見)

商品の素晴らしさやビジネスチャンスについて、

(ときには多人数で囲みながら)

これでもかこれでもかとプッシュしまくる押す
 

という、ごり押しネガティブ気味なイメージだったものを、うさぎHOT
 

お互いの時間をつくって

あ~でもない、こ~でもない。とお話しなくても、
 

自然な形で種芽稲穂自然森

時間のあるときに砂時計朝昼夕日夕方公園の池夜明け方の空、グラデーション

いつでもどこでも竪穴式住居マンモー恐竜家マンション都会小舟宇宙戦艦ヤマト

どんな形でも仲良しパイプ椅子おっかけっこもしもし。メール蹴る(bパソコンまーくんティーカップとび森めろとねんこ

広めていくことができるおばあさんウサ帽子ベビーお顔キトリ翔やん女の人男性Aジェフお顔黒人さん女の人
 

そんな新しい時代に見合った仕組みへと創り変えていきます。ぱくりドラミちゃんキラ
 

ちょっと大げさなようですが、僕としては

それぐらいの気概をもってこのブログを書いているのです。アンパンマンメロンパンナ

 

これまでもいくつか記事にして表現してきましたが、

頭には想い描いていても思う

実際に語りたいことの話す

100分の1も言い尽くせていない感じです。どせいさん
 

ほんとはも~~~っとも~~~~~っとお話したいことが山ほどあるのです。

それだけモリンダ社とノニの恵みは奥が深いのです。深すぎるのです。

 

しかし、どんなに記事を更新して

さまざまな情報を発信していったとしても、

本当の意味でのリアルな体験とはまったく別物です。リアル

 

「あの店っておいしいってすこぶる評判だけど、ほんとにそうなのかなぁ。。想像

と、お店の外からいくら眺めてみても、お店じーっ
 

究極のところ自分の舌で味わってみないことにはわかりませんよね?笑

お店の外からじーーっと味の想像をめぐらすしかないわけです。おいしい
 

僕もいますぐにでもタヒチ島ツパイ島に行きたくて行きたくて、うっとり2

写真を眺めながらうっとりするような毎日を送っていますが、うっとり
 

写真や動画から伝わってくる情報と、フォト♪ニコニコ動画(RC)YouTube

身体を動かして現地まで飛行機で旅して、ひこうき
 

澄んだ空気を満喫しながら海

タヒチの透明な海を泳いだりする体験魚プールとは別物なのです。ブンブン

 

タヒチ

 

それとまったく同じように、

モリンダのタヒチアンノニジュースやスライブマキシドイドのありがたみや、バイバイ・ハート

原材料にノニノニを使っているシャンプーや化粧品などの素晴らしさラブ♪
 

愛に満ち溢れたモリンダスタッフの応対や全体の空気感、ありがとう

活躍しているモリンダ仲間たちの人となりや純粋な真心スキ
 

そういったことは、

実地にモリンダのセールスオフィスに足を運んだり、足

会員となっていくつもの体験をしてみないとわかるものではありません。歩くtry

 

ですので、だいたいのことを知って、わかる

「これなら自分も関わってみたいな。ひよこ

「けっこう興味が出てきたから、商品から試してみてもいいかな。ちゅん
 

そんな風に思われたなら、想

自発的に行動に移すことが大切です。夕陽に向かって走れ

 

 

一歩を踏み出さずにとどまっている人生の時間がもったいないですし、時*

まだモリンダが世の中のすみずみまで浸透していないなか、日本列島地球

いま流れているこの一瞬一瞬こそが貴重な財産なのです。時間宝

 

どなたでも始められる口コミの理に叶った仕組み口コミ

ひとたびこの世の中に認知されはじめ、わかる

大多数の人たちも広く受け入れるところとなり、seiいいし
 

これまで秘めおかれてきたノニノニ

まばゆいばかりの大自然の恵み山

もっともっと広くふかく行き渡って、ありがとう
 

人々の心の琴線を揺さぶるようになったら、感感謝

モリンダの日の出の勢いをとめることは初日の出

もはや誰にもできません。めでたい
 

そしてその約束の日は、ゆびきり

そう遠くない未来に間違いなく訪れます!ハト

 

来たるべきそのときに、

これを見ているあなたがより大きな果実を受け取れるように。りんご

ときが経って現実となったときに、少しでも悔いを残さないために無念

ご縁ある大切な人たちと共有して、その喜びを分かち合えるように感激。スゴイ
 

ぜひ一歩を踏み進めて、一歩Lead!!

僕やグループのお仲間たちにコンタクトを取ってみてください。しゃべるトークうさ・メール

 

そして早ければ1年後。ネコ

ながくても3年から5年ののちには、y’s未来

みんなで一緒になって祝杯をあげましょう!乾杯sao☆キララsao☆乾杯おんなのこうふふ

 

 
ものの試しに関わってみても後悔させないだけのキラメキが、キランっイイ

必ずやご満足いただけるほかで味わえないトキメキが、Goodsei

モリンダとノニにはたくさんたくさん詰まっていますいっぱい愛てんこもりpriドっさり

 

〈タヒチアンノニ日本支社 10年の歩み〉 (14分21秒)

現在モリンダ創業17年になります。

 

お問い合わせはこちらから☆こちらキラ

窓てんこモリンダへのお問い合わせ?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。ありがちゅん

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`twib` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
Share on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>